生きてれば、いろいろ在るんだ人生は。

ジャンル問わず、ひとまず書いてみますね。楽しみたい、25歳。この夏結婚します。

あなたのことはそれほど。感想

先ほど、録画していた。あなたのことはそれほどを見ました。

いや〜相変わらず、みっちゃんがやりたい放題だな〜と。ほんとやりたい放題。

有島が「彼女だったらほんとにかわいい彼女だ。」って言ってるけど

お互い既婚者だし、そうゆうわけにもいかないんだろうな〜。その時はお互い好きだったのに結婚といい制度がいろいろめんどくさくしてしまってる。紙切れ一枚なのにね。でもそれがほんとに大切なんだ。

 

有島夫婦がまだ結婚してない時にみっちゃんに有島がみっちゃんに再会していたらどんな展開になっていたんだろう。彼女と別れて、みっちゃんと付き合って結婚するのかな〜。

 

みっちゃんたちは結婚はしてても子どもはいないんだよね。

子どもいる有島夫婦はどうなるのだろう。

子どもがいないと二人のことを繋ぎとめるものってないのかな。なんて思ったり。

 

みっちゃんはクズだけど共感できる部分もあるな〜。自

 

夫婦って何、結婚て何。考えさせられますね〜。おしまい。

 

 

結婚の影響。

お題「結婚」

 

gendai.ismedia.jp

 

結婚って女性にとってどんな影響があるんでしょうか。

 

 

 

私は彼と婚活イベントで出会い。約2年の交際を経てプロポーズされここに至りました。正直まだ婚約中ですし、今までの話を破棄にすることもできます。笑

 

今までは結婚についてやんわりとしたイメージしかなくて、実際自分がその立場になってみると実感がなさすぎて変な感じなんですよね。無知な部分もありますし。

 

ですが、プロポーズをうけてから自分がこれから経験することに対してなんというか知りたい!という気持ちが湧き出てきて、ネットでめちゃくちゃ検索する時期がありました。結婚制度の歴史とか、マリッジブルーで悩んでる人の経験談とかですね。いろいろ調べてるうちに自分はなんて浅はかだったんだろうと、今思えば無駄に悩んでいたなと思うこともありました。笑

でも世の中そんなことも気にせず授かり婚の方とかもいらっしゃいます。それこそ経済力のない女性は相手にそれを求めることもあると思うし。自立してる女性なんかは、自分で生きていけますよね。そうゆう人は結婚しないのかななんて。子供嫌いな人もそう。

本当に人生いろいろですね。結婚観もいろいろなんだなあ。とつくづく思いました。

 

 

www.pairs.lv

 

 

 

本当にいろいろな考えがありますよね・・・。

うーん、結婚て深い。

(後編)新しい自分との出会い。昔の自分との決別。

今週のお題「私の沼」

 

これはお話の続きです。前編を知らない方はこちら。

 

llooll.hateblo.jp

 

 

 

 

③世の中の不条理

 

アミダスは安堵した。

 

自分が想像していた以上に危険なことなどなかった。

公園でくつろぐ者もいれば、カフェで友人と会話をしているものもいる。

「なんて自由なんだ、素晴らしい。」

駅のホームにいくと みすぼらしい格好をした老人がひとり 座っていた。

(・・・)

アミダスの心の中で何かがざわつく音がしたが、何もせずにそこを後にしたのだった。

 

 

 

 

 

 

アミダスは歩き続けた。城の中からは見えないものがアミダスの気持ちを高ぶらせた。

 

 

 

 

 

 

そんなアミダスを周囲の人間は好奇な目で彼を見た。

 

f:id:llooll:20170525182918j:plain

(なんだか、視線が痛いな・・) 

アミダスのそれは、現代のニポン共和国にはなじまないものだった。アミダスの出身を知らない庶民の目からみると、洗練されたコスプレイヤーか、なんらかの理由でディズニーパークから抜け出してきた者のように映った。

 

 

 

 

察しの良いアミダスはすぐに気がついた。

(このままじゃまずいな・・・。)

(まずは衣服。衣服だな・・・・・・。)Mに向かう事を一旦諦め、あたりを見回すと茶色い看板が見えた。

 

 

 

 

 

 

 

(ム・ジルシー・ヨヒン・・・・・・。この際どこでもいいか・・。入ろう。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♩〜〜〜〜〜〜〜♩〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

入店するとアミダスが聞いた事のないような、それはそれはオシャレなアレンジの曲が流れている。

なんだこの空間は・・・。とても居心地がいいじゃないか////

ん・・・なんだかいい香りが・・

 

 

 

服を買うという最初の目的をすっかり忘れてしまったアミダスは香りの出どころを確かめるため、店内を歩き回った。

 

 

 

店内には様々な商品がおかれていた。匂いの出どころはアロマだった。アミダスはこのヒノキの香りを気に入った。箱を手に取ると、衣服コーナーへと向かった。

 

 

 

 

 

(見つけたぞ・・)

アミダスはお目当の衣服コーナーへ到着した。

 

今まで着た事のないシンプルなデザインは派手な王家の衣装を着続けていたアミダスからすると、とても新鮮で先進的だった。

 

 

 

 

 

(うーん。悪くないな////

f:id:llooll:20170526154228j:plain

 

アミダスは1つ目の目標を達成し、安堵の気持ちでいっぱいだった。

「さて、帰ろうじゃないか。」

 

 

 

 

店内に入ってからというもの、アミダスの気持ちは穏やかであった。城を出た時のやさぐれた気持ちはもうどこかへ消え、心から(うちに帰りたい)と願うようになっていた。理由こそわからないが、この店の雰囲気がアミダスの何かを変えたのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④心変わり

 

店を出ようとすると、巨大な物体を見つけた。

(こんなものあったのか・・・)

(これはどのように使うのだろうか・・)

 

 

その物体の近くには一枚の説明書きがあった。するとアミダスの疑問は一気に解決したのだった。

(なるほどな・・。やはりこの店、先進的だ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《アミダス・・・。そのは危険だ・・・・・。決して腰をかけてはなら・・》

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭の片隅で父の声が聞こえた。

(ん?今何か・・。   構わぬ、少しだけ少しだけだ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アミダスはゆっくりとそれに腰をかけた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アミダスは慣れない庶民の街の探索と、店内を回りすぎたために ひどく疲労していた。

 

 

 

 

 

 

 

(とても心地よい・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう気づいた時はもう遅かった・・・・・・・・

 

 

 

アミダスの心と身体は その丸くてかわいい物体に奪われてしまっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(お客様・・・大丈夫ですか)

(お客様・・・大丈夫ですか)

(お客様・・・大丈夫ですか)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1ヶ月後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いらっしゃいませ〜〜〜〜〜〜!」

 

 

 

 

アミダスの目はいきいきしていた。

あれからというものム・ジルシー・ヨヒンから抜け出せなくなった彼は店で働くことに決めたのだった。勿論、ム・ジルシー・ヨヒンの店長から両親への連絡はすんでいる。アミダスの気持ちが強いことを知った両親は、それならば!了承したのであった。

 

 

 

 

 

ただし周囲の人間の混乱を防ぐために、身分は隠すようにとの忠告が出された。

 

 

 

 

 

 

こうして、アミダスはこの不思議な物体のおかげで立派な社会人となった。アミダスの人柄と能力はすぐに評価されるようになった。人望もあつく、すぐに友人が出来た、そして恋人も。稼いだお給料で念願のマックを食べた。アミダスは アミダスにとっての幸せをつかむ事ができたのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな幸せな瞬間はいつまでも続く事はなかった。突出した彼の才能は目立ってしまった。いつしか、アミダスの身分は周囲に気付かれ、アミダスは王家に戻る事になった。

しかし、アミダスの心はもう十分すぎるほど満たされ、王家に戻ることを受け入れられたのっだった。

アミダスのした経験は思わぬところで発揮された。庶民の生活を心から受け入れた彼の地味なプライベートは国民から支持をされた。例えば衣服。全身ユ・ニクーロを見にまとったアミダス。結婚をし、生まれた子供はニッシーマツヤを着ていた。

 

もちろん庶民的なだけではない。王家としての役割もきちんと果たした。庶民の意見にきちんと耳を傾け国民のために仕事をした。

 

 

そう、それぞれみんなが幸せに暮らしたということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おし まい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アミダスの気持ちが変化した、ひとつのきっかけに不思議ながある。ム・ジルシー・ヨヒンの店長の経験談として、それはいつしか国民にひろまり、王子が眠った不思議なとして世の中に広く伝わったとされている

 

ビーズクッション アースカラーキューブチェア Lサイズ ブラウン PCM-6512T

ビーズクッション アースカラーキューブチェア Lサイズ ブラウン PCM-6512T

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、私も4月に購入しまして。このからなかなか抜け出せずにいます。笑

わたしは旦那さんとおそろいで2つ買ったのですが 2つを横並びに重ねてソファみたいにして寝るとこれがまたいいんです!きもちい!ぜひみなさんもやってみてくださいね!

 

 

 

それではおふざけもここで おし まい。 長文しつれいしました!では!

(前編)良いか。己の心を強く以て。そこで身体を休めてはならない。足を踏み入れたら最後..........

今週のお題「私の沼」

 

f:id:llooll:20170526171500j:plain

①アミダスの思い

 

 

 

 

アミダスはそう父の忠告をうけ城を出た。

 

「ふ、ふざけんな・・」

 

アミダスは静まり返った図書館の自習室でシャーペンに付属された消しゴムがなくなったことに気づき、赤の他人に「消しゴム貸してください」と小声で頼む程の声量でつぶやいた。 

 

 

②アミダスの決意 

 

アミダスの小さな反抗は父親には気付かれていないようだ。いや今ここで気付かれてはいけないのだ。かねてからの計画が実行できる喜ばしい瞬間。アミダスはニヤッと笑い、父から遠ざかった。

 

 

 

おい!アミダス!必ずかえってくるのじゃぞ!!イ・トヨカドーは橋を渡ってすぐ。すぐじゃからなーーーーーー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アミダスは普段は城で物書きをしている。

 

ハタチの誕生日を迎えたアミダスは両親からノートパソコンとネット回線をプレゼントされた。規制こそ厳しかったため、自然の現象や動物の神秘などの情報を見ることしか許されなかったが、アミダスは今までに知らなかった世界を見れたことに大変な衝撃を受け、目を光らせた。

 

ある時、パソコンに初期インストールされていた文章作成ソフトに気がついた。それからというもの、日々の何気ない生活を文章にすることを日課としていたのだ。

 

何不自由ないアミダスの悩みといえば、王家独特のしがらみが日常生活に支障をきたすこだ。アミダスは22歳。色々なことに興味があって仕方なかった。自由に外出をし、友達を作ってはしゃぎたい。恋愛をしたい。アミダスがそう思うことはごくごく自然なことである。その思いは募っていった。思いが強くなればなるほど、実現できない不甲斐なさをアミダスは感じ、いつしか自身の置かれた環境や両親へに対し否定的な感情が生まれていったのだ。

 

城の窓から庶民を見下ろしていると、ある家族が目に映った。5歳くらいだろうか・・男の子が何かを手に持って嬉しそうに微笑んでいる。

「ん?なんだあれ・・・え えむ?」

 

Mと書かれたその袋から男の子が取り出したものはハッピーセットのおもちゃであった。


ハッピーセット ひつじのショーン「おもちゃのあそびかたムービー」

 
(なんて愉快でシュールなんだ・・くそう。俺なんかIMIKI HOUSEのおもちゃでしか遊んだことないのに)

 

貴族出身の母親は人よりも良質で教育的なものを好んだ。それ故にアミダスは両親の目によって厳選されたおもちゃでしか遊ぶことはなかったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

もう決めた。城を出よう。

アミダスの中で何かが弾けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アミダスはMを目指した。 

 ③世の中の不条理 へ続く。

はてなブログ開設2日目。感じたことを綴る。

 

皆さんは新卒1年目の頃、初任給を何に使いましたか?

 

私はPCを買いました。(mac

昔から自分のパソコンが欲しくて憧れていたのですが、当時大学生だった私にとってそれは痛い出費でした。必然的に学生時代は衣服代や飲み会代、スタジオ代(軽音楽をやってました)に消え、パソコン購入は後回しになっていたんです。

 

パソコンを購入したのはいいのですが、使いこなせてはいなかったです。私は幼稚園教諭として働いていたので、日々の仕事に追われ時間的にも精神的にも余裕はなかったでためです。

 

今年の4月に仕事を辞めて、あの時のことを振り返ってみると

ああ。フラストレーションたまってたんだろうなあと思うんです。

 

私は個人的にいろんな人がいて いろんな考え方がある。いろんな考え方を知って視野を広げていきたい。みたいな感覚でいるんですけど

 

当時、働いていた職場が 

 

自分の考え方だけが正しい!

 

というタイプの方が多くいまして。いやー凄かったです、ほんと。女性の職場特有?なのでしょうか

 

 

何か意見を言うと生意気!みたいな目で見られてしまう 私にとっては閉塞的でやばい職場だったのです。陰口も凄かったです。うおう。絶対に戻りたくない。

先輩方の気持ちもわかるんですけどね、、。うん。

 

私自身平和主義ですので 人とぶつかるのは避けたいですし、自分なりに しゃべるといじめられるなという危機感を感じまして。ほとんどしゃべらないキャラを演じてました。

(これが思っていた以上に疲れた)

 

今思えばホント環境悪かったなーと思いますね。なんであんなに必死に続けようと思ってしまったのか。これも若さゆえなのか。先生というキャラクターで自分を縛っていたなと思います。

 

 

私には合わない環境でしたし、仕事をしながら思うことはいろいろあって、文章にしたいという気持ちはあったのですが。とにかく精神的・肉体的な余裕がなくブログを始めるという行動には出れずにいました。

 

新卒で働きはじめてすぐにきっかけこそ覚えてはいませんがはてなブログと出会いました。もともと文章を読むのは好きでしたし興味深い記事が多かったので、すぐにハマりました。

書くというよりは、有名なブロガーさんの記事を毎朝チェックして読むというのを3年間続けていたという感じです。

 

先生の仕事も辞めて、荷がおりまして。

いろいろとやりたいこと 書きたいことがたくさんあったんだなと実感しています。

こうして文章を書けていることが本当に嬉しいです。仕事をした後の反動ってすごいなあと実感しております。時間もあるし書きたい欲求がすごいです。

最終的な目標がありまして

 

幼稚園を舞台にした小説を書きたいです。文章力なんてこれっぽっちもないけれど

いつか いつか 実現したいと思っています。

 

読者のみなさまでそういった分野に詳しい方がいらっしゃいましたら是非お話してみたいです。夢や野望を語るのって楽しい!

 

 

 

まずは先生時代の経験談。辛かったこと楽しかったこと。労働問題について。

そんなことをちょこちょことかけたらと思っています。

 

過去を遡るだけじゃなく、これからのこと。今楽しんでいることを素直に綴っていきたいです。

7月に結婚もする予定なので料理の記事も載せていきたいなあ。

 

 

 

 

なんだかしっとりした文章になってしまいましたが、

根はめちゃくちゃ明るくてアクティブです。笑

こんな私ですが

少しずつ仲良くなっていただければと思います。楽しく生きたい!ね!!

 

 

 

 

 

 

 

余談ですがほんとに今サーフィンしたいです。どうやらこの夏サーフィンのイベントがあるみたいです。

これから色々調べてみたいとわくわくしております。

わくわくがとまらないぜ!

 

 

 

では

煌めいて、星野。

お題「好きなアーティスト」

とにかく、暇なのでもう一ついきます。

 

正直に言います・・。

私は星野源さんの顔が好きです。とても好いとうです。

世間では 彼のことを塩顔男子と呼ぶそうですね。いいですね〜ネーミング。ほんとピッタリ。一体誰がつけたんだろう。

f:id:llooll:20170525095129j:plain

 

 

 

 

逃げ恥でとっても有名になりましたよね。ほんと声が好きで、どの曲もおすすめしたいのですが・・・。

 

 

今回はこれ


ショートムービー『資生堂マキアージュ Snow Beauty』本編映像

 

 

 

 

なんともクール。

涼しげです。これから暑くなるので 皆さんもこれを聞いて体感温度下げてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 


星野 源 - 日常 【MUSIC VIDEO】

 

 

 

この無理しない感じ、背伸びをしてない感じが良いです。

 

 

 

だからこれからも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

煌めいて、星野(源さん。かっこいい握手したい結婚式に来て一曲歌ってくださいませ)というか もう私とけっこんしてください。

突き抜けて、岡崎。

お題「好きなアーティスト」

 

f:id:llooll:20170525095531j:plain

 

彼を知ったのはyoutube

出会いは弟の勧めでした。

 

初めて聴いた曲はこちら。


岡崎体育「家族構成」Music Video

 

まさに血の繋がった家族に教えていただいたので、

今思えば、付加価値的な何かがあったと思います。

 

知らない方は是非聞いてみてください。とてもいいです。とてもキャッチーでコミカル。気持ち弾みます。ココロオドルって感じ!

 

母親役の方の ゆるっと加減がいいです。

 

でもほんと 生活水準高いことに越したことないですわね!笑 

 

 

 

さらにこちらもおすすめ。


岡崎体育 『MUSIC VIDEO』Music Video

 

 

日本のアーティストを岡崎さんらしく 茶かす感じが たまらなく好きです。

 

赤い液体を垂れ流す場面があるんですけどね。バックでのツッコミが激しいです。

 

中学生の時、友達に影響されて椎名林檎とか東京事変とかよく聞いてたんですけど、ほんとこんな感じのPVがよくあるんですよ...

私は純粋に当時かっこいい!本当もうどはまりしてたんでね。

 

なんだかちょっと恥ずかしくなっちゃいますね。

 

いや〜時代の流れ。青春だなあ〜。

わたしも大人になったな〜なんてね 思うんですよ。笑

 

 

 

ほんとね

かっこつけてる人に対して、私は茶かす勇気がありませんよ。その点、岡崎さんはすごいですね。キャッチーでコミカルでHAPPY💛なメロディーに乗っけて全国の暇をもてあました明るいyoutube視聴者に届けちゃうわけですから!嫌味がない!

 

 

あっぱれ!!!!!!

 

 

 

だからこれからも///

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突き抜けて岡崎!さん

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに私は精一杯かっこつけてる人に対して頑張ってるなと思います。そして頑張れ!と思います。ただ頑張りすぎないでねと少しだけ思ったりもします。

健康第一

では!